ホーム » 漫画・アニメ » オーバーロード » 『オーバーロード 15巻 半森妖精の神人 上』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ
a

『オーバーロード 15巻 半森妖精の神人 上』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

オーバーロード
オーバーロード

『オーバーロード 15巻 半森妖精の神人 上』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

 

いよいよオーバーロード15巻が発売されましね!

この記事ではあらすじとレビューをまとめました。

ネタバレ注意ですので、未読の方はご注意ください。

 

 

また、オーバーロードは物語も面白いですが

 

スキルや舞台の解説など世界観を楽しむ作品かと思います、

なので興味のある方は是非、書籍版で読まれることをお勧め致します。

 

 

情報量が違いすぎる為、

・世界観を詳しく知りたい!
・登場する魔法やスキルの詳細を知りたい
・オバロの設定が好き!

 

という方は書籍が断然おすすめです。

また、オバロの面白さは登場キャラ全員がなんだかんだアインズ様の凄さを称える

という点があるかと思いますが、

 

書籍版では様々なキャラクターの視点から物語が描かれる為

 

・アインズ様の忠誠心や各キャラのアインズ様への尊敬の念をもっと見たい
・各キャラクターの心理的描写が読みたい

 

という方も断然書籍がおすすめです。

 

 

 

関連記事:『オーバーロード 14巻 滅国の魔女』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

関連記事:『オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 下』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

 

あらすじ

 

以下あらすじです。

 

大樹海に木霊する咆哮。

魔導国の急拡大を懸念した法国首脳陣は
エルフの王を打倒し、魔導国に備えることを決断。
同じころ、アインズは「アウラとマーレに友達を作ってあげたい」という
親心から休暇と称して双子を連れてエルフの国へ旅立った。
法国が大攻勢を仕掛けるさなかのアインズのエルフ国訪問に
湧きたつナザリック幹部たち。
智謀の主・アインズに期待され奮起した双子は
大樹海を縦横無尽に駆け抜ける!

 

 

レビュー

 

いよいよ待ちに待ったオバロの新刊ですね!!

 

ボリュームは400ページほどと正直今までと比べるとちょっと少ない感じ、
(ただ、2カ月連続刊行なので全然問題ないです!)

 

今回は今まであんまり大きな活躍がなかったアウラとマーレがフィーチャーされた巻でしたね

 

また、前半はギルド内の描写が多く、
キャラが多いかつ、難しい固有名詞のキャラが多く登場していた聖王国編に比べとにかくとても読みやすかった印象です。

 

ギルド内のアインズ様の持ち上げられっぷりや、

「何としてもアインズ様のお役に立ちたい」というNPC達の忠誠心の高さを見るのが好きな方、

ギルド内の描写が好きな方は特に好きな巻かもしれません!

 

また今巻ではAOGのNPCを子どものように思うアインズが特に子どもの様に思うアウラとマーレに対しての、パパっぷりが発揮されていました。

 

ただ、その親心すら徐々に世界征服に向けての知略として転がり始めた感じがあり、流石はアインズ様といったところ、、

 

ちなみに、全巻ラストで変貌を遂げたラーナ王女に対しては、
アルベドの会話上で「新たな知者を得た~」程度しか触れられず
引き続き気になる感じ、、

 

そして、転移後の世界の中でも最強クラスであるとされている番外席次(絶死絶命)の内面が描かれたのもこの巻の見どころ

 

毒親育ちで、神格化されている境遇にうんざりしてたり意外と人間っぽさと可愛げがありかなり意外な感じでした。

 

さらに、意図して村の中で神格化されつつあるアウラと、神格化されてしまった番外席次心持が同じように描かれていました。

 

ひょっとしたら、アウラマーレのお友達はここが、、?となるかも、、
そうなったらいよいよAOGに敵がいなくなりますね(笑)

 

そして巻末の次巻予告で度肝を抜かされました、、
次巻予告では、アインズの前にスレイン法国、「絶死絶命」が立ちふさがるとのこと!!なんだってー!!?

 

また、今巻では何度も「総出撃に向けて準備をする」伏線描写が描かれていました、、

具体的には

有給旅行の供回りにアウラマーレの他にいつも通り便利なハンゾウをつれてこうとするアインズに
アルベドは「ハンゾウの他にもアインズの為に働きたいものが沢山いる」という
そんな事を言われてハンゾウを供回りにできるわけもなく
「誰が供回りか追って連絡するので誰が選ばれてもいいように準備しておく事」を命令。

 

アインズがエルフの村へ旅行する狙いは何だとと思うか、本当に余暇の旅行の為ではないはずだとアルベドに尋ねるアウラ
「そんなことはない」とアルベド

一つはアインズがいなくても組織が回るようにする為、そして法国が近々エルフとやりあう事が濃厚であり、法国の情報収集だろうとアルベド

 

といった感じ。
それらが一体次巻どんな展開を生むのか、、今から楽しみすぎますね、、

 

また今巻ではアウラのレンジャーのスキルがかなり汎用性があり大活躍でしたね!!
この巻では特にアウラのすごさ・有用性がフィーチャーされておりましたので未読の方は是非

 

そんな中でマーレは大量殲滅特化スキルという局所的なスキルのため、
あんまり目立った活躍はなかったので次巻のマーレにも期待です。

 

重ねてですが、今巻はギルド内のアインズ様の持ち上げられっぷりや、「何としてもアインズ様のお役に立ちたい」というNPC達の忠誠心の高さを見どころで
ギルド内の描写が好きな私は特に好きな巻でした!

次巻も楽しみです!

 

関連記事:『オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 下』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました