ホーム » 漫画・アニメ » オーバーロード » 【オーバーロード】ワールドアイテム総まとめ・解説
a

【オーバーロード】ワールドアイテム総まとめ・解説

オーバーロード
オーバーロード

【オーバーロード】ワールドアイテム総まとめ・解説

 

今回のはオーバーロードのワールドアイテムの解説と紹介です

 

ワールドアイテムとは

 

ワールドアイテム(とはユグドラシルに存在する全アイテムの中でも頂点に位置するアイテム群のことです。

総数二百種類でそれぞれがオンリーワンの効果を持っています。

どのアイテムも一般的なユグドラシルアイテムでは再現不可能な能力であり保有された能力は常識外れなものばかりです。

そんな不可能を可能にするアイテム等をワールドアイテムと言います。

 

そのワールドアイテムの中でもさらに強力な
ワールドアイテムを「20」と呼びます。

 

転移後の世界ではツアーをはじめとする「世界の守り」と呼ばれるものを習得しているものもワールドアイテムの影響を受けないようです

 

関連記事:【オーバーロード】ツアー強さ解説・まとめ

 

アニメに登場したワールドアイテム

モモンガ玉

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

モモンガ玉はアインズ様の胸骨の中にある赤い宝玉です。

モモンガ玉というのは通称で正式名称ではありません
正式名称は現在判明しているので「○○○○・オブ・モモンガ

 

web版ではこのアイテムが1500人の大討伐部隊の大半を殺し尽くす要因となったアイテムでもあります。

 

明確な効果は不明ですが効果は複数あり

・複数の能力がある
・モモンガが装備することで最強となるらしい
・ドラゴンに対して有利な効果
・恐らく、最大の力は解放するたびにアインズのレベルが減少する

 

とのこと

 

傾城傾国(ケイ・セケコゥク)

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

 

スレイン報告の持つワールドアイテムで効果はどんな相手でも魅了状態にすることができます。
文字通りどんな相手でも魅了することができ、アンデットのように精神支配の影響を受けないものも魅了できます。
対策は「世界の守り」を持つことだけでありなかなか厄介なアイテムです。

しかし欠点もあり無限に魅了することはできず、誰かを魅了している間は他の誰かを魅了することができません。

 

さらに魅了状態にしても明確な命令がなされないままだと自衛状態になり、危害を加えようとする相手を敵味方関係なく攻撃します。

シャルティアが魅了された時もこの状態でありシャルティアが完全に支配される前に使用者をノックアウトしたので自衛状態で放置されました。

外見は白銀の生地に天に昇る龍が金糸で刺繍されたチャイナ服です。

 

山河社稷図

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

 

作中ではアウラが所持している巨大な巻きものです

効果は絵画の世界と現実の世界を交換して相手を巻物に閉じ込めるワールドアイテムです。

アイテムを展開するとこの段階で使用車とエリア内のもの全部が山河社稷図の異世界に飲み込まれます。

異世界は全部で100種類あり、アイテムの所有者が選択できます。

 

そしてこのアイテムの最も優秀な点は選択した世界のエリアエフェクトを使用者の好きな対象に向けることが可能です。

 

例えば溶岩地帯の炎ダメージを建造物のみに与えるといったことが可能です。
他にも色々な世界があるので、万能性に優れたワールドアイテムだと思います。

 

しかしこのワールドアイテムには最大のデメリットがあります。
それは特定の40のエリアにランダムに設定された出口から脱出すると、使用者から山河社稷図を奪うことができます。

もちろん脱出するのは困難ですが使用車を倒さなくても入手が可能なので他のワールドアイテムよりも簡単な入手が可能です。
ちなみにギルドアインズウールゴウンはこの方法で入手しました

 

キンガヌンガガプ

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

 

対物最強のワールドアイテムです。
作中ではアルベドが所持しています

 

通常時は黒いワンド(短杖)のようなものの先端に黒い球体が浮いておりこれを形態変化して使用します。

広範囲に及ぶ対物体破壊のようです。

 

ワールドアイテムなので絶対に壊れないというメリットがありますが、
対人戦ではあまり使えるものではないようで、特化したゴッズアイテムには劣るとのこと。

 

アルベドがワールドアイテムを所持している理由は他の守護者がワールドアイテムの対抗策で所持しているのとは異なり

転移以前にタブラスマラグディスなが宝物殿から持ち出し勝手にアルベドに装備させました。
ギンヌンガガプの名前の由来は北欧神話における世界創造以前からある巨大な裂け目のことでギンヌンガの裂け目とも呼ばれています。

 

諸王の玉座

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

 

ナザリックの玉座の間にある巨大な水晶の玉座です。
ナザリック地下墳墓を攻略した際に入手しました。

明確な効果は不明ですがおそらくナザリック地下大墳墓ワールドアイテムの影響から守っているのだと言われています。
入手方法は最初にLV.80以上、かつ適正レベルダンジョンを初見攻略することで獲得することができるとのこと。

 

強欲と無欲

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード

 

経験値を貯蔵するワールドアイテムで現在マーレが所持しています
強欲は黒く禍々しい邪悪な見た目のガントレットで
無欲は天使の手をモチーフにした白銀のガントレットです

 

強欲で経験値を横取りして貯蔵することができ
無欲で経験値を消費するいかなる時にでも使用できます

 

アニメや書籍では出番がありませんでしたが web 版では大虐殺の際にアインズ様
が使用して殺した王国兵から出た経験値を貯蔵しました

 

原作に登場したワールドアイテム

 

カロリックストーン

隠し鉱山にある7色鉱を大量に入手した後、それら全種を大量に消滅させることで入手が可能です。

カロリックストーンの使用方法は他のワールドアイテムとは異なり
武器、鎧、ゴーレムなど何かを製作する際に使用します。

使用するとどのような効果があるのかは不明です。
一度使用するとなくなりますが入手条件さえ満たせば再入手可能です。

 

ギルドアインズウールゴウンは7色鉱を保管している鉱石保管庫にて発見しました。

既に使用しているためカロリックストーン自体は所持していません。

 

何に使用したかは不明です使用後再入手を試みましたが

ウロボロスを使用した、敵ギルドの教習によって素材となる隠し7鉱山の一つを強奪されてしまい再入手できずに終わってしまいました。

 

無銘なる呪文所(ネームレススペルブック)

効果は全ての魔法が記載されており、後から開発された魔法も自動的に追記されていくというものです。

 

厳密にはワールドアイテムかどうかは不明です
しかし世界一つに匹敵するというイビルアイの発言とその効果からワールドアイテムではないかと推測されています。

現在は8欲王のギルド拠点にて保管されており正当な所有者以外は触れられないそうです。

 

関連記事:【オーバーロード】八欲王とは 設定解説・考察

 

世界樹の種

どんな種族でも変更ができるワールドアイテムです
ユグドラシルでは特定のアイテムを使用することで他の種族ヘの変更が可能でした。

例えば天使になる場合には昇天の羽、インプぷになるには堕落の種子、
エルダーリッチになるには死者の本などなど、これらを使用することで変更が可能です。

 

しかし変更できない種族も存在しますアンデッドはその一つで
世界樹の種を使用する場合のみ、他の種族ヘの変更が可能です。

 

転移後の世界では恐らく14巻にて使用されました。

 

関連記事:『オーバーロード 14巻 滅国の魔女』ネタバレ・あらすじ感想・みどころまとめ

 

 

20

 

ここからは20を紹介していきます。

20と呼ばれるワールドアイテムは一度使うと消えてしまう代わりに運営に申請してユグドラシルのシステムレベルで改編を行うことができます

 

消費したワールドアイテムは世界のどこかに再出現します。
ワールドアイテムの効果を逃れる手段は自身もワールドアイテムを所持するか特殊なクラスを習得するしかありません。

 

聖者殺しの槍(ロンギヌス)

使用者を完全抹消する代価と引き換えに相手も完全に抹消する効果を持ちます。
この抹消効果は何らかのワールドアイテムによる蘇生以外ではいかなる方法を用いても組成をすることができません。

NPCに使用された場合はギルド拠点のNPC作成ポイントが減少します。引退するというプレイヤーがゲームの重要NPCにロンギヌスを叩き込むシーンを録画した動画が公開されています。

 

この効果とほぼ同等、もしくは上位互換ともいえる効果の始原の魔法が存在します。

 

関連記事:【オーバーロード】始原の魔法(ワイルドマジック)とは?解説&考察まとめ

 

ウロボロス

運営にお願いしてシステムの変更をすることができます。

先ほど紹介した7鉱山を強奪された時に使用されており、
この時の効果はワールド内への侵入を不可能にするというものでした。

 

五行相克

効果はウロボロスの魔法改変バージョンです
転移後の世界でも使われた可能性があるとされていますがユグドラシル時代にも一度使われています。

通常ワールドアイテム保有者はワールドアイテムの影響を受けないのですが、
この時は運営の技術的な問題でワールドアイテム保有者も魔法改変を受けてしまいました。

 

転移後の世界では八欲王が使った可能性が高いされています。

 

関連記事:【オーバーロード】八欲王とは 設定解説・考察

 

 

世界意志(ワールドセイヴァー)

通常時は棍棒程度の攻撃力しかないですが、無限に攻撃力が上昇するため
全盛期のナザリック相手でも単騎で陥落可能なぶっ壊れアイテムです。

 

光輪の善神(アフラマズダー)

世界一つを覆うほどの効果範囲を持ち、カルマ値がマイナスの対象に強大な効果を発揮する。

 

詳細不明

ギャラルホルン

 

詳細な効果は不明です
作者設定では「超位魔法《コール・アヴァター/神の化身召喚》の上位?バージョン」

 

幾億の刃

効果不明。
現在、コキュートスかデミウルゴスが所持しています。

 

ヒュギエイアの杯

効果不明。
現在コキュートスかデミウルゴスが所持しています。

 

ダヴはオリーブの葉を運ぶ

効果不明。作者設定では「なにこれ」

 

ファウンダー

効果不明。作者設定では「運営狂ってる。」

 

ホーリーグレイル

効果不明。作者設定では「回復?系 」

 

ユグドラシル・リーフ

 

効果不明。作者設定では「防御系」

 

関連記事:『オーバーロード 14巻 滅国の魔女』ネタバレレビュー・感想

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました