ホーム » レビュー記事 » AmazonPrime、NETFLIX » 『ラブ、デス&ロボット』シーズン3 全話感想・考察【Netflixアニメ】
a

『ラブ、デス&ロボット』シーズン3 全話感想・考察【Netflixアニメ】

AmazonPrime、NETFLIX
AmazonPrime、NETFLIX

今回はネットフリックスで配信されている
ラブデスロボットのシーズン3の感想、考察記事です。

 

※一部ネタバレがありますので
 まだ観てないかたはお気をつけください

 

 

関連記事:【ラブデスロボット】彼女の声_解説と考察|彼女の正体は?【Netflix】

関連記事:ラブデスロボットシーズン2全話感想:ガッカリした話【解説考察】

 

ラブデスロボットとは?

 

 

『ラブ、デス&ロボット』は2019年からNetflixで配信されているアニメシリーズです。
各話15分前後(10分未満の作品もある)のオムニバス短編集。

 

エミー賞やアニー賞といった賞レースでもノミネート・受賞多数。

製作総指揮を『デッドプール』のティム・ミラーと『ソーシャル・ネットワーク』はじめ傑作映画を撮り続ける巨匠デヴィッド・フィンチャーが務めていることでも話題の作品です。

 

シーズン3総合的な感想

 

面白さは総合としては
★★★☆☆

 

といったところ

 

シーズン2ほどではありませんが
やはりどうしても、当たり外れがありますね、、

そして、相変わらずラブとデスとロボットを絡めるという最低限のお約束も守られていないのは1からですね

 

相変わらず実写かと思うほどの美しいアニメーションですが
脚本が分かりづらかったり、

結局どういう事?という話も多く

アニメの出来=作品の出来
とはいえない印象です。

 

とはいえ、
シーズン1の中でも個人的なお気に入りの
ロボットトリオは相変わらず面白かったですし

傑作もありました。

 

シーズン2でちょっとガッカリしたという人にも見ていただきたい作品も多かったので
シーズン4にちょっと期待できそうです。

 

関連記事:ラブデスロボットシーズン2全話感想:ガッカリした話【解説考察】

 

SF好きの方は是非見てみてください。

 

シーズン3各エピソード感想

 

EP.1
ボット・トリオ:出口戦略

 

 

面白さ:★★★★★

 

 

ディストピアをロボット三人がめぐる話。
シーズン1の『ロボット・トリオ』の続編です。

 

個人的には吹き替えキャストが

K-VRC 石田彰
XBOT4000 神奈延年
11-45-G 田中敦子

とかなり豪華で好きです。

今回、シーズン1では触れられなかったなぜ人類が滅びたのか
その結果人類がどのような軌跡を辿ったのかが描かれており、個人的にちゃんと話が完結し大満足です。
(ただ、もっとこのトリオの続きが見たいので続編がないのが寂しいですね、、)

 

オチは1と変わらずネコオチw

 

ある意味、このシーズンでも一番
デスとロボットが際立っていました。

 

シーズン1と合わせてもう一回見たい

最高な作品ですね。

 

EP.2
最悪な航海

 

 

面白さ:★★★☆☆

ほぼ実写やん、という絵のう美麗さ

船上に現れた巨大ガニと対峙し
船という閉鎖空間の中で
巨大ガニと、誰が食べられるのかといった人間同士の争いが描かれます。

 

 

サスペンスとして面白かったですが

脚本はほぼ映画「エイリアン」のまんまみたいですね

 

ちなみにラブもロボットもありません

 

個人的にはあんまりでしたね、、

 

EP.3
死者の声

 

 

面白さ:★★★☆☆

惑星「イオ」で二人の女性が探索するなかで、
1人が事故で死んでしまいます。

 

そんな中で1人遠く離れてしまった捜索船に向けて歩みを進めるといった話
途中、酸欠状態や薬物を投与するなかで死者の声が聞こえてきて、、、?

 

見ているこっちもトリップしていく感覚にさせられます。

 

狙ってでしょうが

最後まで幻覚のような悪い夢のような感じでよくわからん作品でした。

 

EP.4
小さな黙示録

 

 

面白さ:★★★★★

シーズン3の中でも特に面白かったエピソードの一つ。
いわゆるゾンビパニックものなのですが

ゾンビの発生~世界滅亡まで全て『ミニチュア』で描かれており思わず脱帽

 

ラブデスロボットの好きな所ってこういう
「アニメーションの新しい魅せ方」にあると思います。

 

5分という短編ですが
何度でも見たいと思わせられる大満足な作品でした。

 

 

EP.5
絶対絶命舞台

 

面白さ:★★★☆☆

 

あらくれ軍人たちが巨大な機械クマと対峙する。
といったストーリー

 

グロさといい、キャラクターといい、雑な味方の死に方といい
良くも悪くも「海外っぽい大味だなぁ」という印象。

 

爆発オチなんてサイテー!

 

 

EP.6

 

 

面白さ:★★★★☆

美麗なアニメ
虫苦手な人注意な作品。

あと結構グロかった、、、実写のようなアニメだから余計に、、というのもありますが

 

人類が宇宙の彼方にある巨大な虫の組織を利用しようとして
結局虫に利用されそうになるというまぁよくあるオチ。

 

ただ、宇宙に生きる虫のコミュニティーの描き方など
SF作品としてはかなり見ごたえがあり良かったです。

 

最後はリアル方面にグロくて目を背けてしまいましたが、、

オチがあいまいな感じだったので続きがあるなら見てみたいですね。

 

 

EP.7
メイソンとネズミ

 

 

面白さ:★★★★★

シーズン3の中で特に面白かった作品の1つです。

 

メイソンは倉庫に住み着いてしまったネズミを駆除するために
ハイテクネズミ殺戮マシーンを導入しますが

ネズミたちは知能を得ていて、、、

という話

 

テンポもよかったですし、SFチックでもあり
オチもメイソンとネズミが結局共闘して仲良くなるといった良い感じで

一つの作品として非常に綺麗にまとまっていたのもよかったです。

 

EP.7
地下に眠りしもの

 

 

面白さ:★☆☆☆☆

 

よくわかんないけど
とにかく蜘蛛に襲われるという話

 

リアルではあったけど
決して残らないなぁという感想。

 

あと虫苦手な人は注意です。

 

EP. 9
彼女の声

 

 

面白さ:★★★★★

 

この作品は以下の記事で個別で詳細のあらすじや「彼女」の正体などを考察しております!良ければご覧ください!

 

関連記事:【ラブデスロボット】彼女の声_解説と考察|彼女の正体は?【Netflix】

 

この作品がラブデスロボット シーズン3最高傑作と言われているようですが

何がすごいって魅せ方がすごかった

音楽、カメラワーク、ダンス、効果音

すべてが計算されており
一心不乱に彼女の元に向かう
騎士達の臨場感がすごかったです

魅せ方がすごいと思ったら
シーズン1のEp.8『目撃者』を制作された監督作品だったんですね。
それはそれで納得。

 

ちょっとグロ注意な作品ですが
すごいものを観させてもらったという感想。

 

関連記事:【ラブデスロボット】彼女の声_解説と考察|彼女の正体は?【Netflix】

 

まとめ

 

以上、ラブデスロボットシーズン3の全話の感想をまとめさせていただきました。

 

個人的にはシーズン2ががっかりだったのを比べてかなり盛り返しており、大満足でした。

 

詳細は決まっておりませんがシーズン4にも期待ですね!

 

関連記事:ラブデスロボットシーズン2全話感想:ガッカリした話【解説考察】

関連記事:【日本語吹き替え対応】Netflixおすすめ海外ドラマ6選

コメント

タイトルとURLをコピーしました